貸家の賃貸料の値下げ

我が国では長く住宅不足の時代が続いたため、家賃というものは右肩上がりに上がっていくもの、という意識が浸透していました。

そのため、もう20年も前からデフレが続いているにもかかわらず、賃貸料だけは下がらずに来ました。

Girls Channelのオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

しかし、人口がついに減少に転じ、空き家問題がクローズアップされるようになったことで、賃貸料も下がり始めてきています。しかし、入居者募集のときは賃料が値下げされても、住み続けている人の家賃はなかなか下がりません。借り手は周辺の賃料をインターネットや情報誌などで調べ、割高であるということになったら、値下げを要望してみてもいいかもしれません。


値下げ交渉はいつでもできることになっています。

2年ごとに契約更新する物件であったら、契約更新の時期に値下げ交渉をするのも良いでしょう。



要望が出しやすいですし、より承諾されやすい時期でもあります。

加古川の土地の特徴をご紹介するサイトです。

もともと、住んでいれば家も内部設備も古くなる一方なわけですから、賃料は下がり続けて当然という面があります。
インフレや住宅難の時代でしたら、値上がりし続けるのも仕方がなかったかもしれませんが、現在はデフレの、住宅余りの時代です。

もし値下げ交渉に応じず、借り手が引っ越してしまって、次の借り手を募集する際は、よほど良い立地で人気物件でもなければ、賃料を下げる可能性がおおいにあります。

これまで家賃を滞りなく支払ってきた借り手であれば、交渉してみる価値はあるでしょう。

Copyright (C) 2016 貸家の賃貸料の値下げ All Rights Reserved.